t-nero's diary

HIRO’s diary

BABYMETALについてやその他興味があることなどを書いていきます。

思わず試したくなる!!??〜心理学PART7(同意しやすくさせる)〜

f:id:t-nero:20160930230059j:plain 

思わず試したくなる心理学(同意しやすくさせる)

重要な取引などの現場では、どちらがその場の流れをいち早くつかみ、自分のペースに持っていくかが交渉の成功に関わるカギとなります。 

 

でもなかなか自分が話の主導権をつかみ、かつうまく話を進めていくのはやはり難しいことです。しかもそれが、重要な場面であればあるほど緊張も高まり、失言を避けるように気を張ってしまうため、余計スムーズに話すことができなくなります。

 

そんな中、自分の意見を伝え、そしてその意見への同意を得たい場合はどう振る舞えばよいのだろうか?

 

解決策は「会話の流れ」「話し方」です。

まず自分の意見を主張するためには、一方的に相手に伝えようとするのはNGです。

みなさんが友達と話すときに、友達から一方的に

 

「あれはこうだよ」

「間違ってるよ」

「そうじゃないよ」

 

とこちらの意見も聞かずに話されたらその友達に対しては良い印象は持たないですよね?逆に否定して対抗したくなるということになりかねません。

 

ここで重要なのが「会話の流れ」です。

 

流れる水に逆らわずに身を委ねた方がスムーズに流れていくように、

会話の流れに乗るのです。

相手が話し始め、こちらに対して意見を伝えてきた時は反対意見であっても相手の意見を肯定してあげることが大切です。

これは、意見を伝えている側にとって、とても話しやすい状況を作ることになり、結果的にこちらの話も聞いてくれるようになるのです。

 

そして次に重要となるのが「話し方」です。

と言っても特に「語尾」です。

語尾を少しだけ変えることによって、日本語は様々なニュアンスを持つため、それが相手側をも誘導できるようになる武器へと変わります。

 

その武器は次の例にも出す「〜ですよね?」の一言です。

 

「こうしたほうがいいと思います」よりも

「こうしたほうがいいですよね?」

 

「これよりこれのほうが良くないですか?」よりも

「これよりこれのほうがいいですよね?」

 

「こっちのほうがいいと思うのですが、どうでしょうか?」よりも

「こっちのほうがいいですよね?」

 

です。

もしかしたら文章だけで見ると伝わりにくい場合があるかもしれませんが、これが実際に対人となるとかなり使えるテクニックなのです。

 

この「〜ですよね?」は、相手に柔らかい印象を与えるため、

言われた側にとっては、「〜ですよね」と言った側に対して、好感が持て、さらに親近感が湧いてくるのです。

 

相手に親近感を植え付け、ひとまず同意させてしまうこのテクニックを「同意心理」と呼びます。

 

「心理学」について少し知るだけで、日常の会話を円滑に進めるだけでなく、他人からの評価も得られるという素晴らしい知識になるのです。

 

 

最後に

「心理学」に対して少しでも「面白い!」「興味を持った!」「使いたい!」という方がいればぜひ⭐️をお願いします。😆

 

では、また👋

 

Twitter

twitter.com