ヒロの人生放浪記

BABYMETALについてやその他興味があること、日常など書きたいものをゆるりと書いていきます。

BABYMETAL3rdアルバムが過去最高でした

皆さんはもう聴きましたでしょうか?

BABYMETAL3rdアルバム『METAL GALAXY』

f:id:t-nero:20191016224557j:plain

f:id:t-nero:20191016224611j:plain

このアルバムはBABYMETALが新体制になってからの初アルバムです。

 

f:id:t-nero:20191016224829j:plain

f:id:t-nero:20191016224841j:plain

私も10月8日には家に無事届きました!!😆

この日をまだかまだかとずっと待っていました。

なるべくTwitterのタイムラインで情報を目にしない様に気を付けてきましたし、もちろん自分から調べることも控えてきました。

事前に分かっていたのは

・Shanti Shanti Shanti

・ IN THE NAME OF

Kagerou

・Elevator Girl

・Starlight

Distortion

PA PA YA!!

です。

BABYMETALにしては事前に多くの楽曲のネタバラシがありました。

秘密主義のBABYMETALですが予想以上にBABYMETAL界隈では盛り上がり新曲の登場のたびに賑わっていました。

 

そしてどんな曲構成で、どんなテーマがあるのか

そして、メタル寄り??カワイイ寄り??

かなり気になっていた人も多いのではないでしょうか?

 

私は全曲を聴いてみた感じ

 

<メタル感>

2nd>1st=3rd

<カワイイ感>

1st>3rd>2nd

 

この様な感じに思いました。しかし3rdアルバムには今までには感じなかった

日本人に受け入れやすそうなメロディや歌詞の曲が増えたなと感じました。

しかしこれは決してネガティブな意見ではなく、海外ウケを狙った曲を作らなくともBABYMETALの曲として好きになってくれる人が世界中に大勢いることの証明にもなるのではないでしょうか?(ただの個人的な思い込みですが...)

 

私は間違いなくこの3rdアルバムを聴くリピート回数の方が今までのアルバムよりも多いです。

 

なんでこうもBABYMETALの曲には惹きつけられていくのか

どうしてこんなに頭に残る曲が多いのか

 

ワンピースでルフィがいつか海賊王になる面を見せている様に、いつかBABYMETALが日本を代表する世界的グループになる要素足り得るのではないでしょうか。

 

実際に同じ研究室の女の子が、私のTwitter本垢BABYMETAL関連のリツイートを見て「BABYMETALの曲は何も知らないけどなんか頭に残る曲多いよね!すごくいつも思う」と言っていました。

 

以前は「曲がうるさく聞こえる」だとか「なにこの曲?」みたいに決して良い反応が得られることは多くありませんでした。

しかし今ではBABYMETALを知らない人でも何か一つは聞いたことある曲があったり、曲名を知らなくともこれ良いね!!なんて言う人が増えてきました。

 

BABYMETALというと日本のアーティストらしからぬ、アイドルらしからぬ売れ方をしてきました。テレビでの広告はほぼなし、バラエティに出演して宣伝もなし、本人たちのSNS発信もなし、というメディアを使って浸透させるのではなく、

「ライブ」これをもってしてBABYMETALという名を世界に知らしめてきました。

f:id:t-nero:20191016232020j:plain

日本国内での活動が驚くほど少ないBABYMETALが、大々的に番宣・広告あらゆる手段で売り上げを伸ばす他のアーティストと競っています。

BiSHも面白いアルバムの売り方やMステ、アメトーク等多くのテレビに出演しています。

しかしBABYMETALが上位に来ていることから、BABYMETALを知らない人にとっては「ん??なんで??てかこのグループ何?」と思っている人も多いのではと思っています。「日本で話題になってたっけ??」多分こんな感じでしょう笑笑

 

日本でもっと活躍してほしいと思う一方で、海外で日本アーティストとして唯一無二の存在であってほしいと願う気持ちもあります。

これは「もっとBABYMETALの話で近場の人と盛り上がりたい」

この気持ちが根底にあるのでしょうね。私の中に笑笑

 

長々と話してきましたが要するに3rdアルバム「METAL GALAXY」は私の中でBABYMETALの音楽!!と言える一番好きなアルバムということですね笑笑

 

各曲についてはそのうち記事にします。

 

では、また👋