t-nero's diary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t-nero’s diary

BABYMETALについてやその他興味があることなどを書いていきます。

BABYMETALを知る〜もう一度BABYMETALを振り返るPART15(あわだまフィーバー)〜

現在世界で活躍中のBABYMETALですが、

ここで、彼女たちが披露してきた曲について一度一つずつ振り返ってみましょう!!

(*動画と歌詞は最後に載せておきます*)

 

「あわだまフィーバー」は2016年にリリースされました。

アルバム「METAL RESISTANCE」に収録されている曲です。

f:id:t-nero:20170211004127j:plain

f:id:t-nero:20170211011108j:plain

⬆︎Wembley Arenaにて「あわだまフィーバー」をパフォーマンスしているBABYMETAL⬆︎

 

 この曲はメタル要素を残しながらもキャッチーな歌詞とキャッチーなメロディで構成されています。久しぶりに少しアイドル要素が強めな曲だなと私は感じました。

 やはりBABYMETAL流な独特なダンスで合わせられていて音と彼女たちが踊っている映像が頭に入り込んできます。

 

 YUIMETAL&MOAMETALのハモリ部分が多く、3人でパフォーマンスする曲の中では比較的3人とも存在感のある曲でないかなと思います。

 何と言っても、BABYMETALの曲の中でもアイドル要素の大きくキャッチーなこの曲「あわだまフィーバー」を披露するときは自分たちも楽しそうに踊っているんですよね🎵(BABYMETALの3人はそれぞれの曲に一つ一つの表情を持つ事ができています)

 BABYMETALの魅力である、ぶっ続け生歌・生ダンスはアイドルでは基本的に見られない要素だと思います。彼女たちはそれをどんなステージであっても、どんなビッグアーティストとのコラボであろうとも、その一つ一つのライブで楽しみながら成長しています。

 

 では、可愛い要素が大きいこの「あわだまフィーバー」は海外の人たちからはどう思われているのでしょうか?

海外の人たちからの反応

・BABYMETAL特有のポップビートとメタルのミックスされた耳障りの非常に良い曲だ

・単純に振り付けがいいよ!!

・なんだか3人の成長が感じられた気がする

・少し他の曲よりボーカルが弱く感じるかな

・もう少しメタル感を出して欲しかったかな

など人によって異なる意見が出されていました。

 

youtu.be

最後に

BABYMETALの「アイドルとメタル」の間での賛否両論はこれからも続く話題となりそうです。

 

では、また👋

歌詞

ひみつの箱 開けてみたら
どこにだって 飛んでいける
ミント味の タイムマシン
どこにだって いけるよ
Our hour あわだま フィーバー
Our awawa あわだま フィーバー
Our hour あわだま フィーバー
あわだま あわだま フィーバー
Ah yeah! 飛んでけ チュッ チュッ チューインガム
Ah yeah! 行こうぜ go, go, going up
Ah yeah! 飛んでけ バッ バッ バブルガム
Ah yeah! 今すぐ go, go, going now
ひみつのカギ 開けてみたら
どこにだって 飛んでいける
膨らむ夢 風に乗せて
どこにだって いけるよ
Our hour あわだま フィーバー
Our awawa あわだま フィーバー
Our hour あわだま フィーバー
あわだま あわだま フィーバー
Ah yeah! 飛んでけ チュッ チュッ チューインガム
Ah yeah! 行こうぜ go, go, going up
Ah yeah! 飛んでけ バッ バッ バブルガム
Ah yeah! 今すぐ go, go, going now
ひみつの部屋 開けてみたら
どこにだって 飛んでいける
夢の中で 夢の中で
どこにだって いけるよ
Our hour あわだま フィーバー
Our awawa あわだま フィーバー
Our hour あわだま フィーバー
あわだま あわだま フィーバー
Ah yeah! 飛んでけ チュッ チュッ チューインガム
Ah yeah! 行こうぜ go, go, going up
Ah yeah! 飛んでけ バッ バッ バブルガム
Ah yeah! 今すぐ go, go, going now
Ah yeah! Chewing, chewing チュッ チュッ チューインガム
Ah yeah! Bubble, bubble バッ バッ バブルガム
Ah! Dreamer
Ah! Dreamer

 

Twitter

twitter.com