t-nero's diary

HIRO’s diary

BABYMETALについてやその他興味があることなどを書いていきます。無料ブログですので広告は勝手に表示されますがご了承ください。

BABYMETAL〜もう一度BABYMETALを振り返るPART17(Amore-蒼星-)〜

現在世界で活躍中のBABYMETALですが、

ここで、彼女たちが披露してきた曲について一度一つずつ振り返ってみましょう!!

(*動画は最後に載せておきます*)

 

「Amore-蒼星-」は,2ndアルバム「METAL RESISTANCE」に収録され、

2016年にリリースされました。

f:id:t-nero:20171209183801j:plain

 

SU-METALのソロ曲である「Amore-蒼星-」「紅月-アカツキ-」とよく比較される曲の1つでもあります。その理由としては曲の構成だったり、「蒼」「紅」の色から対になる曲だと連想されるからです。ファンの間でも1位2位を争う人気曲である「紅月-アカツキ-」は、激しいバックサウンドやSU-METALの突き抜ける様な歌声、神バンドによるギター早弾きが次々と観客の心を鷲掴みにしていくのが特徴と言えるでしょう。

ライブでは炎の演出など盛り上がりを見せる楽曲です。

それに対して「Amore-蒼星-」は、SU-METALの優しく響き渡る声から始まり、突如ギター早弾きによるサウンドとともに曲のボルテージが上がっていきます。

この曲では、SU-METALが足でリズムを取っているのが分かる場面も多く、歌い方や仕草、表情など映像で残されているものではよくカメラで捉えられてあります。

 

「紅月-アカツキ-」ではSU-METALは「マント」を羽織っているのに対し、「Amore-蒼星-」では、映像で「翼」を身につけている演出がなされます。

 

この「Amore-蒼星-」の間奏部分ではSU-METALのソロ曲の中でも最も長いダンスが見られると思います。

BABYMETALの3人の中でも比較的振り付けが少ないSU-METALですが、手先まで意識された華麗な振り付けをします。

 

そして曲の終盤、演奏が止まる部分ではSU-METALが息継ぎをしながらライブ会場の雰囲気を全身で感じるかの様に見渡しながら甘い声で歌う場面は、生で聴かないわけにはいきません。

 

数少ないソロ曲を堪能するにはやはりライブに足を運んでみるしかないと思います。

BABYMETALの良さは必ずそこにあるはずです。

 

そんなAmore-創星-」は海外の人たちからはどう思われているのでしょうか?

 

海外の人たちからの反応

歌姫モードに入るSU-METALが大好きだ

 

SU-METALが何を感じて、何を表現しようとしているかを彼女の表情からすごく伝わってきそうだ。

 

とりあえずウェンブリーでのAmoreは最高だったな

 

など「紅月-アカツキ-」と比較されると人気的には劣ってしまうが、「Amore-創星-」単体で見たときには、高評価が多く、改めて1つも捨て曲がないグループだなと感じる次第です。

 

youtu.be

 

歌詞

愛の言葉 響け夜空へ
宇宙まで届けてamore
憂鬱な雨雲 破って
24時間走り続ける
走り続ける運命
蒼き闇を切り裂いて
彼方を刺す月の影
宵の花に照り映えて
刹那の夢に舞い踊る
誓いを立てし瞳は
眩き未来を宿し
光纏いし蒼き姿に
さあ 翼広げて
愛の言葉 響け夜空へ
宇宙まで届けてamore
憂鬱な雨雲 破って
24時間走り続ける
走り続ける運命
もしも君を見失っても
心の声は歌い続けるよ
もしも君が離れていても
心の声で歌い続けるよ
愛の言葉 響け夜空へ
宇宙まで届けてamore
輝き放つ蒼き星が
この手に 命を宿す
愛の言葉 響け夜空へ
宇宙まで届けてamore
憂鬱な雨雲 破って
24時間走り続ける
走り続ける運命
愛よ 地球を救え
紅き月に照らされて
刹那の夢がまた始まる